仕事が辛いときの対処法

仕事が辛いときの対処法

仕事の辛さから逃げるのではなくまっすぐ受け止めました

旅行会社の事務に仕事をしておりました。ですが、もともと旅行会社希望ではありませんでした。

保育士志望でしたが私立の保育園が嫌だったのに受験した市の国公立に落ちてしまい、まー又来年挑戦しようと実は少々腰掛け気分で当時の知り合いの紹介で入社しました。

全く知識のない私でしたが短大卒でしたしある程度の一般常識はその頃もあったと思います。

しかし直属の女性上司が、けして悪い人ではないのですが、仕事の内容は1回しか教えてくれずわからなかったら他人に聞かずに自分で調べるようにという方針の方でした。

しかもできることの少ない私が次の彼女からの支持を仰ぐと『やることがないんだったら掃除でもすれば?』という具合。自分の仕事はけして下の者に受け継ぐことはせずにガッチリ自分のものという具合の上司でした。

いじめというほどではないですがまーやや近い感じでしたね。

私のストレス解消方法はまずは美味しいものを食べること。友だちと会ってその女性上司の悪口をいうのも決して嫌ではありませんでした。

しかし、翌日会社に行くと又同じことの繰り返しになるので会社に行くたびに気分が滅入ることには変わりはありません。

それならばいっそのこと頭を切り替えてそのことをまっすぐに受け止めてやろうと思ったんです。

その頃の私は掃除は掃除のおばさんがやるもの。どうして私がしなきゃいけないの?という不要のプライドもあったんだと思います。

要するに会社の中をピカピカに磨いてやったんです。彼女がもうそれ以上綺麗にするところはないよね?!と言わせるくらいに。他はどうでもいいと思われるようなこともやりました。

たとえば他の上司から私が入れるお茶やコーヒーは格別であると言わせたり、皆があまりやりたがらないことをあえて率先してやりました。

小さなことでも褒められることによってその小さな喜びがストレスを上回るようになりました。

3年目で直属上司が辞めて私にも後輩ができました。上司にやられて嫌だったことだけはやらないように『同じことは3回まで聞いていいよ。でも4回めはダメね。』という具合。

辛く当たられた直属の上司に今となって思うことは結構感謝だったりします。

と言うのはとにかく本もネットもあらゆる方法でなんとか自分で調べたり探りだしたり、知恵というかそういう能力は彼女のおかげで確実に身につきました。

人間関係って嫌なことがあると本当にきついですよね。でもどんなに寒い冬がしんどくてもその先には絶対に春が来ます。今が一番寒い時だと思ってくじけずに頑張ってくださいね。

社外の人たちと交流を持つことでリフレッシュできました

仕事が辛かった当時、部内には6名と少人数でしたが人間関係を中心に仕事が辛く、仕事が終わるのも終電がすでにないくらい遅い時間に終わる為、ストレスがたまる一方でした。

このままでは自分にとっても良くないし、人間関係が嫌な自分の雰囲気を部内に気づかれる事によって会社にも迷惑をかけてしまうと思い、悪循環になってしまう事も悩みの一つでした。

そんな中、まずは自分自身のストレス発散をしないといけないと考え、思い切って休みの日は会社の人以外の友達とアウトドアや飲み会をするようにしました。

その事で仕事以外の見分や自分の悩みを打ち明ける事により、違う世界の人からのアドバイスをもらえたりと、抱えているストレスに対していつしか前向きに戦おうという気持ちになっていました。

そして自分自身がリフレッシュできた後に勇気をだして行った事は、部内全体での飲み会でした。

休みの日に行っていたように社内でも同じように飲み会を行い、普段言えなかったことやわだかまっていた事をお互いで打ち明ける事によって徐々に壁が崩れていったのです。

いつしか環境が良くなり、仕事も効率化できて以前のように終電も逃さず、色々な部分でこれまでストレスだった事が良い状態に好転していきました。

仕事が辛いと思うようになると、いつしか自分の回りしか見えなくなりつい人のせいにしがちになったり、そんな自分が自己嫌悪に陥り、さらにストレスがたまったりと悪循環になりがちになってしまいます。

少し引いたところから客観的に今のストレスを分析し、まずは自分自身が楽しいと思える時間を作る事、そしてそれが出来るようになれば回りの事も見えてくるので、今の悪循環やストレスに対してどのようにしていったら良いのかが見えてきます。

世の中ストレスとは切っても切れない事が多くありますが、そのストレスとうまく付き合い、自分なりの対処法を実践する事ができれば、楽しく充実した毎日が送れると思います。

それでも、もし、どうしても仕事を辞めたいと悩む場合は、こちらのサイトを参考にするといいと思います。

⇒ 仕事を辞めたい!

メニュー

Copyright (c) 2016 仕事が辛いときの対処法 All rights reserved.