仕事が辛いときの対処法

仕事が辛いときの対処法

  • TOP PAGE
  • 仕事が辛いときは1人で抱え込まず相談することです

仕事が辛いときは1人で抱え込まず相談することです

1日の中で過ごす時間の長いのは仕事です。その仕事が辛かったり悩みを抱えていると、毎日気が重くなります。

私はアパレル販売をしていたのですが、社員2年目になると1年目とは違って、気持ち的に甘えることはできないし、かといってまだまだ仕事の内容で分からないことはあるし、とても悩みました。

加えて女性の多い職場でしたから、大きく言葉に出しては言いませんが、女性間の嫉妬や陰口みたいなものも見受けられ、どのように対処したらいいのか分からず辛い時期でした。

そんな私は、仕事のストレスを何かで発散していかないとやっていけない、私が潰れてしまう、と思い何をしたらいいか考えました。私はお酒が好きだったので、ストレスを感じたらお酒を飲みに行くことにしました。

でも職場の人と行くと、お酒の勢いで日頃の愚痴を言ってしまっては翌日以降に影響があるかもしれません。

ですので、なるべく職場以外の人、そして異性と飲みに行くようにしました。女性ばかりの職場でストレスが溜まっていたので、異性に話を聞いてもらうと、驚くほどに簡潔にまとまった、清々しいアドバイスをくれたりします。

嫉妬や陰口で悩んでいたことがとっても小さいことに感じられ、お酒の力もあって悩みが一夜にして解決します。本当に困った時は、職場以外の異性の友人がいると心強いです。

仕事に対する悩みは誰もが持つものでしょう。特に女性は、自分ですべてを抱え込んだり1人で解決しようとする傾向にあると思います。

そして女性は同性から嫌われることを極度に嫌がる性質もあると思います。女性のストレス発散の多くは、人に自分の話を聞いてもらうことなのかと思いますが、職場以外の人で特に異性の友人がいたら、気軽な気持ちで声をかけてみるといいと思います。

1人で抱え込まないでください。仕事も考え方も全然違う人の話を聞くと、気付きが多いものです。悩んでいるのはあなた1人だけではありません。

周りにアドバイスをくれる人もいます。話が出来そうな人がいたら、1人でがんばりすぎずに頼ってみるといいと思います。

関連記事

メニュー

Copyright (c) 2016 仕事が辛いときの対処法 All rights reserved.