仕事が辛いときの対処法

仕事が辛いときの対処法

  • TOP PAGE
  • 自分の仕事を振り返り、やり方をかえるなど工夫しましょう

自分の仕事を振り返り、やり方をかえるなど工夫しましょう

私が自動車販売の営業をしていたときのことです。営業という仕事は常に実績を求められる仕事です。

1年目は、見習い期間ということで、あまり実績を求められることはなく、ひたすら仕事を覚えたり、先輩のお客様の応対などを一生懸命行うだけでした。

2年目になると、徐々に仕事も覚えてきて、少しずつではありましたが実績も残せるようになりました。2年目は同期の中でもトップクラスの実績を収めることができ、3年目はさらに良い実績を残したいと自分の中でもモチベーションが高まっている時期でした。

そんな3年目、3カ月連続で車が売れないというスランプに陥りました。商談自体は何度も何度も行っていたのですが、なかなか成約に結び付きませんでした。

なぜ売れないのかひたすら悩みに悩んだのですが、答えは見つからず、一気にモチベーションも下がり辛かったです。

そんなとき、上司や先輩にもフォローしていただき、まずは日々やれることをやろうと決めました。

車を販売するには買いに来たお客様の相手だけではなく、既存のお客様の代替提案もしなければなりません。今のやり方で売れないのであれば、今以上に提案の数を増やしていこうと思い、日々徹底して行いました。

これでだめなら仕方がないと思えるところまで自分を追い込み一生懸命仕事をしました。

すぐに劇的に状況は改善したわけではありませんでしたが、少しずつ自分が提案したお客様からの代替が増え、スランプから抜け出すことができました。

仕事が辛い状況のときには、一度自分の仕事を振り返り、やり方をかえるなど工夫することが必要だということを実感しました。

また、そうした成果はすぐに出てくることばかりではないので、継続して一定期間行う必要があると思います。その間、辛い期間が続くとは思いますが、これでだめなら仕方がないと言えるくらい徹底的に自分のやるべきことをやり続ける忍耐力が必要です。

簡単にあきらめずに頑張ることが大事だと思います。

関連記事

メニュー

Copyright (c) 2016 仕事が辛いときの対処法 All rights reserved.